FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

群発性頭痛

(病気について)
この名称は、群発地震のように、ある期間に集中して頭痛が起こるところからつけられました。たとえば、春先や秋口など季節の変わり目にはじまり、一度痛みがあらわれると、毎日のように頭痛を起こすようになります。痛みは一定期間、たいていは1~2ヵ月くらい続きます。その後、半年から2~3年と、しばらく時間がたった後、再び同じような頭痛に見舞われるのです。頭痛の起こっている期間のことを「群発期」と呼んでいます。群発期以外の期間は、頭痛はすっかり治まってしまいます。
女性に多くみられる片頭痛に対し、群発頭痛は20~40歳代の男性に多く、女性の4~5倍にのぼるともいわれます。その理由ははっきりしていません。
痛みの特徴としては一側性で眼窩部を中心とする激痛が、一定期間(群発期)に集中しておこり、1日の間に発作を何回も繰り返します。

ダウンロード (10)


(愁訴)
群発頭痛は、しばしば「目がえぐられるような」「きりで刺されるような」と表現されるように、耐えられないほどの痛みだといわれます。あまりの痛みにじっとしていることができず、痛みを紛らわせるために動き回らずにはいられない、ひどいときには痛みのあまり頭を壁に打ちつけるという人もあるようです。

頻度
●1~2ヵ月間に集中してほぼ毎日起こる

images (31)


痛む場所
●必ず頭の片側が痛む
●片側だけの目の奥や周囲にあらわれ、上あごのあたりや頭の片側へと拡がる

痛み方
●目の奥がえぐられるような激痛
●痛くてじっとしていられない
●耐え難い痛み

経過
●1日に1~2回起こり、1回の痛みは15分から3時間続く
●毎日ほとんど同じ時刻に痛みだす(明け方に起こることが多く、強い痛みで目が覚めてしまう)

動くと痛みはどうなる
●動くと痛みが紛れる(痛みのあまり動き回らずにはいられない)

痛み以外の症状
●目の充血や涙、鼻水などを伴うことがある

ダウンロード (12)
ダウンロード (11)


(環境要因)
群発頭痛ではアルコールがトリガーになり、飲酒後40分から1時間ほどたった頃に発作があらわれやすいといわれています。群発期には、飲酒するとほぼ百発百中で頭痛が起きるため、どんなにお酒好きの人もその期間はアルコールを避けるようです。
それ以外にもタバコや気圧の急激な変化なども誘因となるといわれています。

images (32)

(医学的データ・原因)
群発頭痛の発症のメカニズムについては、まだまだ明らかにされていない点が多いのですが、頭部の血管の拡張がかかわっていると考えられています。群発頭痛の場合は、目の後ろを通っている血管が拡張して炎症を引き起こすため、目の奥が痛むといわれています。
また、この血管を取り巻いて、涙腺のはたらきや瞳孔の大きさをコントロールしている自律神経が刺激されて、涙が出る、瞳孔が小さくなるといった症状を伴うこともあります。

images (30)

視床下部の機能異常が関与しているという説もあります。

(治療)
群発頭痛の治療は、純酸素吸入法とあわせて、薬物療法も行われます。
発作時(急性期)の治療薬としてはトリプタン系薬剤のひとつであるスマトリプタン皮下注射が勧められます(保険適用あり)。また、スマトリプタン点鼻液や他のトリプタン系薬剤の内服薬による有効性も報告されています(保険適用外)。

(予防治療)
群発頭痛では通常、痛みの起こる時刻がほぼ一定していて、とくに明け方が多いようです。このようなケースでは、発作期間中、就寝前にエルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤を飲むことで睡眠中の頭痛を予防できる場合があります。
そのほかカルシウム拮抗薬や副腎皮質ステロイドなどが医師の判断で使用されることもあります。

(SORAの治療では?)
群発頭痛は、その痛みの強さから、また起こるのではないか?
どこか脳の血管でも切れたのではないか?
という不安がついてまわります。
まず、神経の問題であることをしっかり理解し、
そして、発作期があるということがどういうことなのか?をよく考える必要があります。
多くは季節の変わり目に起きますが、人によっては、強いストレスがかかったり、
睡眠がうまく取れなかったりした場合にも発症します。

これらの背後にあるのは自律神経の働きです。
医学的にまだまだ理論づけされていないかもしれませんが、
臨床の現場ではこれをはっきりと感じることができます。
そして、神経にはその現象が何回も起こることで、
神経の結びつきが強くなるという働きがあるので、
これが発作の頻度や強さを悪化させることになるのです。

SORAの施術では頭の中の圧力を調整することで、
自律神経を含めた脳神経全体の安定と回復を引き起こします。
ゆったりとした、心地よい感覚を味わいながら、
発作期だけでなく、その前後から安定して過ごせるように調整していきます。

群発頭痛を持病に持っている人は、よく症状の起こる前触れを感じている人が多いです。
しかし、体の理解が乏しいと、そこでどうしてよいかわからないのです。
そこに体の実感から回復していくことを経験する意味があり、
自分で治せるようになるヒントがあるのだと思います。

頭から体全体が安定した感覚を味わって、
症状の回復と、どういうときにそれが崩れるのか?を経験していくことで、
次第に症状と自分のあり方が見えてきます。
それがSORAの施術の目標になるのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。