FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神経痛・神経炎(三叉神経痛)

(病気について)
三叉神経痛とは顔に痛みのでる病気です。顔の感覚(いたい、さわった、つめたい、あついなど)を脳に伝える神経が三叉神経ですが、この三叉神経に痛みが起こり、顔を痛く感じるのが三叉神経痛です。
この痛みは、耳・目・唇・鼻・頭皮・額・頬・歯・顎と顔の側面に感じることが多く。一部の患者さんは左の人差し指の痛みが出る場合があります。
特徴として、痛みは非常に鋭く、一つ一つの痛みの持続は数秒と短いが、これが繰り返し出現します。

ダウンロード (9)


(愁訴)
・非常に鋭い痛み
・持続時間が短い
・三叉神経の分岐した枝に沿って痛みがでる

三叉神経痛では痛みはいろいろな動作で誘発されます。洗顔、お化粧、ひげそりなどで顔に痛みが走ります。そしゃく(ものをかむ動作)に誘発されることもあります。つめたい水をのむと痛みが走ることもあります。痛みで歯磨きができないこともあります。触ると痛みを誘発されるポイントがあり、鼻の横などを触ると、顔面にぴっと痛みが走る、という場合は三叉神経痛の可能性が高いです。 季節によって痛みが変動するのも特徴で、11月や2月に痛みがひどくなる方が多いです。

images (29)

(医学的データ)
三叉神経痛の診断には、痛みの症状や病気の経過の詳しい聞き取りがもっとも大切です。
この病気の診療になれた医師がくわしく問診することによって、かなり病気の診断の見当がつきます。
しかし痛みが典型的でない場合や、患者さんの症状の訴えがあまりはっきりしない場合、なかなか診断が簡単ではないこともあります。
内服薬(カルバマゼピン)を試しに飲んで、症状が楽になる場合は、三叉神経痛の可能性があります。
またMRIの撮影も有用です。三叉神経痛の数%は、脳腫瘍が原因で起こっていることがあり、そうではないかの確認が重要ですし、また神経が血管で圧迫されている様子が直接確認できることもあるからです。

帯状疱疹後三叉神経痛があります。帯状疱疹はウイルス(ビールス)がおこす皮膚の病気です。
水ぼうそうのウイルスの親戚ですので、皮膚の症状は水ぼうそうのような小さな水ぶくれがいくつもできた後、かさぶたになるのが特徴です。
帯状疱疹のウイルスは神経にひそんで、神経に沿ってあばれるのが特徴で、顔では三叉神経の分布に一致した皮膚の症状(皮疹)が出ます。過去に顔に帯状疱疹がおこったことがあると、あとあと特発性三叉神経痛と同じような痛みが出てくることがあります。
通常の三叉神経痛とは、痛みの性質だけでは区別がつきません。帯状疱疹が顔に出たことがなかったかよく問診する(思い出していただく)ことが区別の手がかりです。

images (28)


(三叉神経痛と区別する症状)
顔の痛みは、副鼻腔炎(耳鼻科の鼻づまりがもとでおこるもの、むかしの「蓄膿」のような状態)、特殊な脳梗塞、たくさんの歯を抜いた後などいろいろな理由でおこります。よくお話を聞くと痛みの性質が三叉神経痛とは違っています。

耳の前には顎関節という顎の骨と頭蓋骨のくっつく部分があり、関節になっています。ものをかむときに顎をうごかしたりするとこの関節に痛みがでる場合があり、また顎をうごかさなくても痛むこともあり時に三叉神経痛と間違えられます。口腔外科などでレントゲンや触診、問診をすることによって区別ができます。

群発頭痛は眼の周りや奥のはげしい痛みを起こします。痛みの性質としては、激痛で、眼をえぐられるような痛みが起こります。三叉神経痛とおなじく非常にはげしい痛みですが、三叉神経痛よりも長い痛みです。また痛みにともなって痛みと同じ側の眼から涙が流れたり、はなみずが出たりするのも特徴です。お酒を飲むと痛みが誘発される場合があります。しばらく痛みおこりやすい時期がつづくと半年くらい痛みのない時期がつづくという特徴があり、この点は三叉神経痛に似ています。

舌咽神経痛は三叉神経痛と同様の痛みがのどの奥に起こります。ものを飲み込んだときに痛みがひきおこされます。耳の穴の奥の方、くびの前面にいたみが走るように感じる場合があります。非常にまれなものですが、三叉神経痛と区別しておく必要があります。

(一般的な治療)
三叉神経痛の治療法としては、主に薬物療法・神経ブロック・手術療法などがあり、これらの治療法のいずれかまたはこれらを組み合わせた方法があります。

・薬物療法 - 主に抗てんかん剤が使われるが、その他筋弛緩剤や鎮痛剤などが使用される。
・神経ブロック - 麻酔薬を患部に関連する神経に注射する方法などがある。
・手術療法 - 神経血管減圧術という、三叉神経を圧迫している血管から神経への圧迫を除去する手術が行われる。

503-1.jpg

三叉神経痛の患者さんのMRI。左は手術前、三叉神経(黒矢印の先)が血管に圧迫されて曲がっているのがわかります。右はあとで書く減圧術の術後。三叉神経への圧迫が解除されて、神経が直線になっているのがわかります。

503-3.jpg

三叉神経(S)に血管(*)があたって圧迫しています(左)。
血管を移動して神経を減圧すると(右)痛みが消失しました。

・定位放射線治療 - 特に特発性三叉神経痛に対して、ガンマナイフやサイバーナイフなどにより、三叉神経根の脳幹進入部より2~3mm末梢側あたりを目標点とし、70~80Gy程度を一度に照射する定位放射線治療が行われる。
神経に対する作用についての考察は諸説があるが、知覚低下を起こさず疼痛のみを軽減する機序についての説明は確立されていない。
2013年時点で、定位放射線治療として保険適用がないため、治療費は自費となり、治療施設によって異なる。

(SORAの施術では?)
三叉神経痛の痛みは、非常に鋭く、耐え難いものです。
おそらく、整体に来るように思えるようになるには、少し経過が回復してからの状態になる方がほとんどです。
したがって、病院でどんな治療を受けたか?
発症してからどれくらいたっているか?
などをしっかり聞いておかないといけません。

そして、ヘルペスによる帯状疱疹後の三叉神経痛は、
ヘルペスウイルスが暴れる条件に免疫力の低下が考えられますので、
どんな生活をして、疲労度や睡眠、食事などの生活習慣も聞いておくべきです。
でないと、症状がいったん回復しても、また症状を繰り返す危険性が高いからです。

施術は、頭の圧力調整・頭の骨のミシッとした感じを和らげていくこと、
顎関節と頚椎の調整などを行い、首から上の安定感を出していきます。
痛みがマックスの場合に施術しても、痛みが完全にとりきれることは難しいです。
神経に炎症が起きているので、それが治まる時間が必要です。
ただし、あまり薬に頼らず痛いうちに施術していくと、術後の経過が良いこともあります。

そして、三叉神経は、頭の骨の隙間を通って顔の表面に出てきますので
頭の骨の全体的な柔らかさを出すのは直接的な変化として非常に重要になります。

その上で、免疫を上げる施術も同時に行っていきます。
内臓の調子を上げるために、体温・血液循環が良い状態になるように、
全身をみていきます。

神経痛は鋭い痛みが特徴ですが、その前にどんな体の状態で、
痛みがなくなった後、体がどれくらいの状態をキープできるか?
が大切になってきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。