スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

薬物乱用頭痛

(病気について)
もともと片頭痛や緊張型頭痛などの頭痛持ちの人が、頭痛薬の飲み過ぎにより、かえって毎日頭痛が起こるようになった状態を「薬物乱用頭痛」といいます。市販鎮痛薬の飲み過ぎによるものが多いですが、医師から処方された薬によっても起こります。
痛みは一日中発生し、非常に痛みを伴い慢性化します。

ダウンロード (7)


(愁訴)
次のような症状が当てはまる人は、薬物乱用頭痛の可能性があります。
・月に15日以上頭痛がある。
・頭痛薬を月に10日以上飲んでいる。
・朝起きたときから頭痛がする。
・以前はよく効いていた頭痛薬が効かなくなってきた。
・薬をいくら飲んでも頭痛が以前よりひどくなってきた。
・頭痛の程度、痛みの性質、痛む場所が変化することがある。
・以前は月に数回、片頭痛が起こっていた。

ダウンロード (8)

ダウンロード (6)


ひどい頭痛を経験すると、頭痛発作への不安から鎮痛薬を予防的に服用するようになり、飲む回数や量が増えていきます。すると次第に、脳が痛みに敏感になり、頭痛の回数が増え、薬も効きにくくなってくるという悪循環に陥ってしまうのです。

img_overuse02.gif


(医学的データ)
アセトアミノフェン、アスピリン、NSAIDを単独または併用の服用が、月に15日以上ある状態が3ヶ月以上続く場合、薬物乱用性頭痛の可能性が疑われるとしています。

(一般的な治療)
過剰投与薬物は患者の頭痛を解決するために断薬すべきです。
臨床データによれば、予防治療を開始したのちに、ある時一気に突然の断薬を行うのがよいと示しています。
英国国立医療技術評価機構(NICE)では過量服薬を一気に中止しそれを最低一ヶ月以上断薬すること、かつ徐々の減薬よりも即時の完全断薬を推奨しています。

しかし過剰服薬薬物を中断すると、たいてい頭痛や薬物離脱症状の悪化が起こるため(これまで薬物の過剰投与に大きく依存している場合、これらの症状は典型的には2-10日間は継続します。(過剰投与薬物をまた服用すれば解消される)
このため過剰服薬行動を再強化することになりかねない危険があります。
身体的依存や反跳作用(リバウンド頭痛など)が出現するのであれば、徐々の減薬も検討が必要としています。

(SORAの施術では?)
薬を飲みすぎて頭痛が出てしまう・・・
本当に薬とは諸刃の剣であるということですね。
この症状は、軽重はあれど意外に多いのも事実です。
特に精神疾患系の病院に通っている方の頭痛を取り扱うときによく感じます。
薬のせいで具合が悪いのか?
病気のせいで具合が悪いのか?
これがよくわからなくなってしまっている人が本当に多いです。

この問題は、頭で考えても答えはおそらく出ません。
出るとしたらそれは妄信的な考えになっている可能性があります。(思い込んでしまっている)
体が回復してくると、ある時期に、ふと薬を飲んだ後に具合が悪くなることに
自然と気付く瞬間があります。
これを待たないと、いけません。

なぜなら、薬を止める!!というのは本当に大変なことだからです。
体がよくなる実感があって、自分なりの治り方が見えてきた人でないと、
おそらく乗り越えることは難しいと思います。

この症状は、薬を止めれば治ります。
でもその薬を止めるのが本当に難しい・・・
SORAの施術はそういう人の支えになるためにあるのです。

具体的な施術内容は、体をとにかくリラックスさせて、
神経系の安定をはかる、そして薬との向き合い方を体の経過とともに一緒に考えていく。
ということになります。
特に首~頭に独特の緊張感(普通ではならないような)があるので、
そこに注意して施術していきます。
施術後痛みがあがる場合もあるので、そこを理解してもらうのも大切なことになります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。