スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バセドー氏病

(病気について)
甲状腺自己抗体によって甲状腺が瀰漫(びまん)性に腫大する自己免疫疾患(II型アレルギー)。
甲状腺の表面には、下垂体によって産生される甲状腺刺激ホルモン(TSH)の受容体(甲状腺刺激ホルモン受容体、TSHレセプター)が存在する。バセドウ病では、この受容体に対する自己抗体(抗TSHレセプター抗体、TRAb)が生じ、それがTSHの代わりにTSHレセプターを過剰に刺激するために、甲状腺ホルモンが必要以上に産生されている。甲状腺ホルモンは全身の新陳代謝を高めるホルモンであるため、このホルモンの異常高値によって代謝が異常に活発になることで、心身に様々な影響を及ぼす。
ほかの甲状腺の病気と同じように女性に多い病気だが、その比率は男性1人に対して女性4人ほど。甲状腺の病気全体の男女比は男性1対女性9の割合であるから、甲状腺の病気のなかでは比較的女性の比率が高い病気である。

images (5)

(愁訴)
甲状腺腫大、眼球突出、頻脈。
あらゆる臓器が常に全力疾走しているのと同じ状態になり、大量のエネルギーを必要とするため食欲が異常に増すが、代謝が高いため体重減少を来たす(代謝以上に食欲が亢進し、太る場合もある)。
心臓機能の亢進から収縮期高血圧と頻拍、時に心房細動を来たす。
新陳代謝の活発化から発汗過多を来たす(夏の暑さに耐えられない/冬でも暑い)
内分泌のバランスが崩れて精神的に不安定になる、イライラする、集中力が低下する。
振戦、手の震え。高熱、頻脈、嘔吐、下痢、意識障害。
眼球突出が顕著となると、眼球運動障害(複視)や視神経症をきたす事がある。
ステルワーグ徴候(瞬きの増加)、グレーフェ徴候(上眼瞼拳筋の過度の緊張で上方注視後に下方に視線を移すと、上眼瞼下際と角膜の間に白目が見える)、メビウス徴候(両眼輻輳失調)が見られる。

images (8)

images (6)

(医学的データ)
甲状腺ホルモン:freeT4、freeT3の高値、TSHの抑制。
自己抗体:抗TSH受容体抗体(TRAb)陽性、または抗TSH受容体刺激抗体(TSAb)陽性。
甲状腺機能の亢進:甲状腺シンチでの摂取率高値、エコーでの血流増加。

(一般的な治療)
甲状腺ホルモンの合成を抑える薬(抗甲状腺薬:メチマゾール(チアマゾール、メルカゾール)、チウラジール(プロバジール)を、規則的に服用する方法。定期的に甲状腺ホルモンの量を測定しながら、適切な量の薬を服用することで、血液中の甲状腺ホルモンの濃度を正常にする。
ヨードの放射性同位元素(ラジオアイソトープ; radio isotope; RI)を服用し、甲状腺の細胞の数を減らす方法。
(被爆の影響あり)
甲状腺の一部を残して、切除する方法。甲状腺を切除することで甲状腺ホルモンの量を調整する。

images (7)


(SORAの施術では)
他の自己免疫疾患と同様に、身体全体から評価し、施術をしていく必要があります。
深い呼吸から心身のリラックス効果が望まれ、それにより、免疫の働きが正常化、もしくは沈静化することが目的となります。
ただし臨床では、代謝性の問題から、脱水症状を併発している患者さんがいるので注意が必要です。
脱水症状によっても同じく自律神経症状が起こるので、改善のみられない患者さんの中には、脱水による異常が隠されている場合があります。
水分を取っているか?めまいや頭痛の発生頻度や時間帯などを問診時に確認する必要があります。
脈診による脈の感じをみるのも大切です。
施術後、一時的に強く早くなる場合がありますが、次第に落ち着きます。
頻脈は軽くて早いのが特徴なので、血液に力強さが戻っているかは重要な判断になります。
施術後、体調が不安定になりやすい症状ですので、その辺の説明をしっかりとしておかなければなりません。
頭の圧力が落ち着いてくると、目が見やすくなったなどの一時的な効果が見られる場合があります。

症状の悪化と改善が著しく起こるのもこの症状の特徴です。
目新しい変化にとらわれず、その根本が落ち着いていくまで根気をもって施術していくことが大切です。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。