FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲状腺機能亢進症

(病気について)
甲状腺内組織の活動が異常に活発になることにより、甲状腺ホルモンの分泌量(活性)が過剰になる疾患である。
甲状腺ホルモンは体にエネルギーの利用を促すホルモンであり、これが過剰になる事で全身の働きが過剰になる為、アドレナリンが過剰に出た時と似たような症状が出る。

images (4)


ダウンロード (1)

(愁訴)
主に心臓の活動が上がって頻脈になる、エネルギー消費の亢進により多食や体重減少、多飲多尿、発汗、高血糖などやめまい、抜け毛、鬱、不安感、イライラ、震え、暑さに耐えられない、などの症状がある。そのほかの症状として、動悸、不整脈(心房細動)、息切れ、性欲不振、吐き気、嘔吐、下痢を伴うこともある。治療をせずに長期間放置していると骨粗鬆症の原因となることもある。また、高齢者の場合はこういった症状が見られないこともある。低カリウム血症を来たした結果、周期性四肢麻痺を来たすこともある。爪甲剥離症を認めることがある。

111.jpg


神経性の症状としては震え、舞踏運動、筋疾患などがあり、中には震顫麻痺を起こす人(特に東洋人に多い)もいる。また、甲状腺機能障害は重症筋無力症とも関連があるとされている。甲状腺機能障害の中でもこの症状の場合は自己免疫によるものとされ、重症筋無力症の患者の5%が甲状腺亢進症を持っているとも言われる。

、瞼の萎縮による「凝視」や瞼の筋力が弱まったり運動が遅れたりすることもある。甲状腺亢進症の場合の「凝視」(ダルリンプル症候)は瞼が通常よりも上方向に萎縮する為に起こる(通常の位置は上部角膜輪郭で白目と虹彩の境目辺りにある)。瞼の筋力が弱まると物が二重に見えるなどする。瞼の運動が遅れる症状(グレーフェ症候)では目が下方向に物を追った際に瞼が虹彩と共に下方向に向かず、逆に上目で物を見ようとすると一時的に瞼の筋肉の萎縮が起こる。このような症状は甲状腺亢進症の治療をすることで消滅する。どちらの症状も甲状腺肥大(バセドウ病)のみに見られる眼球突出症と混同してはならない。眼球突出症は自己免疫性による眼窩部の脂肪の炎症によるもので、甲状腺亢進症を併発している場合はダルリンプル症候やグレーフェ症候を悪化させる可能性はある。

ダウンロード

(医学的データ)
血中の甲状腺刺激ホルモン(TSH)の量で判断される。甲状腺刺激ホルモン(TSH)が低い場合、血中のトリヨードサイロニン(T3)とサイロキシン(T4)の量が高くなり、脳下垂体の働きが抑制されている状態で、甲状腺亢進症を発症しているといえる。

(一般的な治療)
甲状腺亢進症の治療方法は最初に甲状腺刺激ホルモンの抑制を行う薬を使い、後に手術や放射線アイソトープの治療を行うことが多い。どの方法も甲状腺機能低下症を起す可能性があり、その場合にはレボチロキシン(Levothyroxine) の投与を行い調整する。

チオナマイド・・・甲状腺刺激ホルモンの生産を抑制する薬
β遮断薬・・・めまい、震え、不安感など細胞の表面の交感神経β受容体が増えることによる症状を抑える薬

(SORAの施術では)
投薬によって一時的に症状が沈静化したとしても、根本の部分では解決しません。
これは患者さん自身も強く感じていることです。
しかしながら、そのほかの治療法が見つからない・・・というのが現状です。
甲状腺ホルモンの過剰分泌とストレスの関係は非常に根深く、
そういった意味で、本当に心身がリラックスした状態を作ることは、非常に重要な要素になってきます。

そして、患者さんの多くは、その症状の多様性、多さと複雑さから、もう一生このままなのではないか?
という強い不安を抱えている方が多いです。
その不安は、上記で説明したとおり症状の悪化を招き、また、不安が増大する・・・ということになりかねません。

身体が安定する、息がすいやすく、頭のモヤモヤが晴れる、
そういった身体感覚を施術によって思い出し、自分の身体にもよくなる可能性がある!
という前向きな方向性を示していくのが大切になります。

そして、症状の緩急、明暗から身体を学んでいくことも大切です。
今、この身体はどんなメッセージを発しているのか?
それを毎回の施術で楽と苦を行ったり来たりしながら、確認していくことが
不安を取る!!!身体を信じる!!!
という前向きな痛みへと変えていく大切なステップとなります。

自分はどういう時に悪化して、どういう時に軽減するのか?
これを身体を通して感じていくのがSORAの施術の目的になります。
辛い辛くないという単純な感覚から、
もう少し深まっていくと、悪化する前に自分で予防したり、悪化を防いだりできるようになり、
それがそのまま身体の自信となるので、症状を改善させることになります。

甲状腺ホルモンの過剰分泌という働きを生活の中で、考えながら自分で抑えることができるようになるのです。
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。